CONVERSATION 3 | LESLI MARSHALL OF LE SALON DES ARTS BY CRAWFORD CONNAWAY

Touba London constantly in the quest of bringing the best of Fashion and Art the world has to offer, is presenting le Salon Des Arts with the Americans Artists ahead of the London Showcase ( July 25th - August 8th )

Touba Londonは、世界中の最も優れたファッションとアートを、常に探求しています。今回はロンドンのショーケースに先立ち、アメリカのアーティストと共に、le Salon Des Artsを紹介します。(7月25日から8月8日まで)

CONVERSATION 3 | LESLI MARSHALL OF LE SALON DES ARTS BY CRAWFORD CONNAWAY


Lesli Marshall is a Curator based out of Dallas, Texas. Her kinetically energetic personality keeps her busy organizing shows, curating hotels, and helping large businesses become closer to their culture through art. She’s not your average artists, nor your average businesswoman. She is a strong cocktail of many different skills and attributes. A real Renaissance Woman. 

Here, I talked to her on the bottom floor of Touba London’s Paris Showroom, about her process of curating, Dallas, and the next big art movement, surrounded by the art of Samantha McCurdy, Marie Heléne Boone, Matthew Brinston, Drew Merritt, and Micah Crandall-Bear. 

Lesli Marshallは、テキサス州ダラスに拠点を置くキュレーターです。活気に溢れた性格で、ショーのオーガナイズやホテルのキュレーション、アートを通して大きなビジネスと文化を近づける手助けなど、いつも忙しくしています。Lesliは、一般的なアーティストとも、ビジネスウーマンとも違います。様々な異なるスキルと、特性を持ち合わせた女性です。実在するスネサンス時代の女性(広範な知識を持った女性)なのです。今回、Touba Londonのパリショールームの1階で、Samantha McCurdy、Marie Heléne Boone、Matthew Brinston、Drew Merritt、Micah Crandall-Bearの作品に囲まれながら、彼女のキュレーションのプロセス、ダラス、そして、次の大きなアートムーブメントについてお話ししてきました。

Lesli Marshall By Exploredinary

Lesli Marshall By Exploredinary

Crawford: Have you had coffee yet?

Crawford:もうコーヒーは飲みましたか?

Lesli: Yeah, I had some with some friends before I got here.

Lesli:ここに来る前に友人と飲んできました。

Crawford: Oh nice

Crawford:いいですね。

Crawford: The art in here looks amazing. You really did a great job.

Crawford:ここにあるアートはとても素晴らしいですね。すごく素敵です。

Lesli: Thank you so much, we couldn’t have done it without all of the awesome artists that we are showing!

Lesli:ありがとうございます。ここに展示している作品を作った、素晴らしいアーティスト達のおかげです。

Crawford: So many great artists! It’s kinda crazy that so many of them came from our neck of the woods.

Crawford:本当にたくさんの素晴らしいアーティスト達ですね!この中の多くのアーティストが、私たちの近くで活動しているなんて、すごいですよね。

Lesli: Oh yeah, for sure. There are so many great artists around us.

Lesli:本当にそうですね。私たちの周りには、たくさんの素晴らしいアーティスト達がいます。

Crawford: How old were you when you got into art?

Crawford:いつからアートに興味を持ち始めたのですか?

Lesli: I actually got started in art my freshman year of College. So I actually started out by being self-taught, messing around with creating stuff. 

Lesli:実は、大学1年生の時なんです。独学で、様々なものを作りながら覚えました。

Crawford: What was your first medium? 

Crawford:初めてのメディウムは何でしたか?

Lesli: My first medium was ummmm… let me think… honestly mixed media!

Lesli:初めてのメディウム・・・何でしたかね・・・正直に言うと、ミクスト・メディアでした!

Crawford: Awesome

Crawford:素晴らしいですね。

Lesli: I was like using paints, and charcoal, and fabric, and all kinds of stuff.

Lesli:絵の具や炭、生地など、様々なものを使っていました。

Crawford: I’ve always found it really good for any person trying to find their own style to kinda just mix everything together, until they find out what they are best at. Sometimes their best is mixing everything together.

Crawford:自分のスタイルを見つけるために、様々なものをミックスさせて、自分が一番良くできるものを見つけられるのって良いですよね。そして、全部ミックスさせることが、一番その人に合っていることもあるんですよね。

Lesli: Yeah, exactly! I’m still using all kinds of mixed media.

Lesli:そうなんです!私は今でも様々なミクスト・メディアを使っています。

Crawford: Who’s your favorite artists?

Crawford:好きなアーティストは誰ですか?

Lesli: Well I would have to say Basquiat, because that was the first artist I was really introduced to. Nowadays I feel like it’s really cliché to say that, but when I started art, my family didn’t really understand it because it was more abstract, but when I saw Basquiat’s work and I saw his child-like manner, and I saw that he had meaning behind it, I was encouraged.

Lesli:バスキアです。私が初めて知ったアーティストなので。今は型にはまりすぎた答えにも感じるのですが、私がアートを始めた頃、私の作るものは抽象的で、家族はあまり理解してくれませんでした。でも、バスキアの作品を見た時、子供の絵のような作風と、その絵の背景にある意味を感じ、励まされました。

Crawford: Do you have an algorithm for curating?

Crawford:キュレートするときのアルゴリズムはありますか?

Lesli: I think that it really depends on the space that I’m in, the artists that I’m working with, and the theme of the show as well. Let’s take this show for example.

Lesli:スペースやアーティスト、ショーのテーマによって変わると思います。今回のショーを例にとってみましょう。

Crawford: Yeah, perfect

Crawford:いいですね。

Artwork: Left to right- Six Shooter by Exploredinary, This Will Rock You by Matthew Brinston, Texas Bolo by Exploredinary, Everything’s Bigger in Texas by Exploredinary | Clothing: NOMA t.d. & Sneum | Shoes: Kids Love Gaite & Sneum | Jewelry: Betty Bogaers  作品:左から Six Shooter by Exploredinary, This Will Rock You by Matthew Brinston, Texas Bolo by Exploredinary, Everything’s Bigger in Texas by Exploredinary | Clothing: NOMA t.d. & Sneum | Shoes: Kids Love Gaite & Sneum | Jewelry: Betty Bogaers

Artwork: Left to right- Six Shooter by Exploredinary, This Will Rock You by Matthew Brinston, Texas Bolo by Exploredinary, Everything’s Bigger in Texas by Exploredinary | Clothing: NOMA t.d. & Sneum | Shoes: Kids Love Gaite & Sneum | Jewelry: Betty Bogaers

作品:左から Six Shooter by Exploredinary, This Will Rock You by Matthew Brinston, Texas Bolo by Exploredinary, Everything’s Bigger in Texas by Exploredinary | Clothing: NOMA t.d. & Sneum | Shoes: Kids Love Gaite & Sneum | Jewelry: Betty Bogaers

Lesli: So for this show I knew it was going to be during Fashion Week, so I wanted to incorporate a mix of artists, who all have different types of styles. I thought about this because with fashion being in this show, all of the designers have different style, so if I chose different styles of artists, it would bring out the textures in each of the designers work. Using sculpture, photo-realism, video, minimalism, abstract, etc., each of the designers would latch onto something.

Lesli:このショーに関しては、ファッションウィークの最中に行われると知っていたので、様々な、異なるスタイルのアーティストの作品を揃えたかったんです。ここで扱っているデザイナーの商品はすべて異なるスタイルのものなので、スタイルの違うアーティストを選ぶことで、それぞれの作品の特徴を引き出せると思ったんです。彫刻、フォトリアリズム、映像、ミニマリズム、抽象的な作品など、それぞれのデザイナーが、いずれかのアートと繋がるのではないかと思いました。

Crawford: Is this your first time curating an art show that has clothing integrated in with it?

Crawford:アートと共にファッションも扱ったショーをキュレートしたのは、今回が初めてですか?

Lesli: It’s not! Well it’s my first for a showroom, but like six or seven years ago, I used to team up with Dallas fashion designers and we had a huge runway show. I was the artist every year, and models would wear my paintings and then their bodies were painted along with the paintings. I really enjoyed doing that.

Lesli:初めてではありません。ショールームのキュレーションを行なったのは初めてですが、6、7年前にダラスのデザーナー達と一緒に仕事をしていて、大きなランウェイショーを行いました。私は毎年アーティストとして参加していて、モデル達は私の描いた絵画を着て、彼らの身体にも絵を描きました。とても楽しかったです。

Crawford: Did you have to think differently than normal in order to curate, because of the fact that there is clothing integrated into it?

Crawford:キュレートするにあたり、洋服も一緒に展示することで、普段とは違う考え方をする必要がありましたか?

Lesli: I think because it was the first time teaming up here, I really wanted to push it. I had such a great team, it helped with the ability to put the show on. I’m from Texas and some of the artists are from Texas, so I wanted to go big. Like go big or go home, you know? 

Lesli:このチームと仕事をするのは初めてだったので、こだわりたいと思いました。素晴らしいチームに恵まれたおかげで、このショーを良いものにすることができました。私はテキサス出身なのですが、ここに作品が展示されているアーティストの何人かもテキサス出身なので、思い切りやりたかったんです。中途半端にやってもしょうがないので。

Crawford: Yeah

Crawford:なるほど。

Lesli: There’s also a lot of great work coming out of the States right now, so I wanted to spotlight that and put it in a setting that it would really stand out.

Lesli:今、アメリカからも素晴らしい作品がたくさん出てきています。そのため、そこにスポットライトを当てて、際立たせたかったんです。

Crawford: Yeah, for sure. No better place for American art to stand out than Europe.

Crawford: 本当にそうですね。アメリカのアートを際立たせるには、ヨーロッパが一番です。

Crawford: What is your favorite place you’ve traveled to?

Crawford: 今まで旅した場所で、好きな場所はどこですか?

Lesli: So it’s kind of a tie. I would say between Morocco and Philippines.

Lesli:モロッコとフィリピンは、同じぐらい好きです。

Crawford: I’ve always wanted to go to Morocco.

Crawford: 私もモロッコに行ってみたいんです。

Lesli: You have to go. There’s so much for you to see. The colors, the food, the people, the architecture, the fabrics, everything. It’s sensory overload all the time. I loved it so much. Maybe Morocco’s my favorite. Yeah.

Lesli: 是非行ってください。見るところがたくさんありますよ。色彩、食事、人、建築、生地、全部です。常に感覚が刺激されているような感じです。本当に大好きです。やはり、モロッコが一番好きな場所ですね。

Cigarette-Marlboro by Sergio Garcia

Cigarette-Marlboro by Sergio Garcia

 Crawford: Has travel affected how you see curation, like for example, how travel affects an artists?

Crawford:旅によってキュレーションの見方が変わることはありますか?例えば、選ぶアーティストが変わるなど。

Lesli: I think the more that you travel, and the more cultures you get introduced to, and just the experiences you have around the world really affect your eye.  I think you evolve into seeing certain artists or maybe certain styles that you may have not seen or recognized before. 

 Lesli:旅をすればするほど、たくさんの文化を知ることができるので、世界中で様々な経験をすることで、ものを見る目に影響すると思います。今まで知らなかった、ある一定のアーティストやスタイルに目がいくようになったり。

Crawford: Yeah

Crawford:そうですね。

Lesli: I would say travel has left the biggest impact on my life, and my view of art.

Lesli:旅は、私の人生とアートの見方に、最も大きな影響を残していると思います。

Crawford: What do you think the next big art movement is going to be?

Crawford:次の大きなアートムーブメントは何になると思いますか?

Lesli: Oh gosh. Well there’s such a huge movement right now with artists becoming really smart and creating businesses from their craft. There’s a lot of artists that I work with who did fine art, but are moving into street art, and now they’re moving into making objects that can purchased. So it’s this huge movement of artists becoming entrepreneurs, which I love.

Lesli:今、アーティストがアートをビジネスにする、という大きなムーブメントが起きています。私が一緒に仕事をしてきた多くのファインアーティストも、ストリートアートに移行し、今では購入できるオブジェクトを作るようになっています。アーティストが起業家になる、という大きなムーブメントですね。私はすごく良い事だと思います。

Crawford: Yeah, I was just talking to somebody just recently about how when Warhol started the idea of art marketing, where everything was strategized. He had that whole thought of “I want more Warhol’s in homes than television sets.” 

Crawford:そうですね。つい先日、私も、ウォーホルがアートマーケティングというアイデアを始めた時、どれだけすべてが戦略化されたかを友人と話していたんです。ウォーホルは「テレビよりも、自分の作品が多くの家庭にあるようにしたい」と考えていました。

Crawford: It’s gotten to the point where artists are becoming household names, and I love that.

Crawford:アーティストが誰もが知っている名前になることは、とても良いことだと思います。

Lesli: I do too. There’s so many ways to capitalize on your craft. I’ve been running a business and doing that for 12 years now. There are so many avenues that artists can take. Thats something I do, is educate artists on how to create businesses out of their craft, because business has become so much of art.

Lesli:私もそう思います。アートを資金化する方法はたくさんあると思います。私もそうやって、12年間ビジネスを続けています。アーティストができることは、たくさんあります。ビジネスは、アートの大きな一部になってきているので、私もアーティスト達に、どのようにアートをビジネスにするかを伝えています。

TOY by Matthew Brinston

TOY by Matthew Brinston

Crawford: I recently watched a BBC special with Tracey Emin, and she talked about how people probably think all she does it paint away in her studio, but they don’t realize that the studio is 4 floors, and on one of the other floors she has a room full of people on computers selling her work, organizing gallery and museum shows, and so on. 

Crawford:先日、BBCでTracey Eminの特集を見たのですが、彼女は、人々は彼女がスタジオでずっと絵を描いていると思っているけれど、実際は、彼女のスタジオは4階建てで、その内1フロアは、コンピュータを使って作品を売ったり、ギャラリーや美術館での展示を計画したりしている人たちでいっぱいだ、と語っていました。

Crawford: There’s so much business strategy, because if you wanting to keep on painting, you have to sell some. Canvas gets expensive!

Crawford:ビジネスの方法はたくさんありますよね。ずっと絵を描いていたかったら、売らなければならないんです。カンバスも、たくさん買うと高いですから!

Lesli: Yes! Absolutely!

Lesli:その通りです!

Crawford: So why curating? What got you into that?

Crawford:なぜキュレーションをしようと思ったのですか?

Lesli: You know it’s funny, I started out as a mixed media artist, but then started my own design firm. In the beginning I was just doing a lot of hotel bars and restaurants. I was consulting with other designers for these spaces and then over the years it really evolved into me curating spaces using site specific pieces, working with artists, collaborating with fabricators, and more.

Lesli:おもしろい話なんですが、私はミクスト•メディアアーティストとして活動を始めた後、自分のデザイン会社を立ち上げました。当初は、多くのホテルのバーやレストランを手掛けていました。他のデザイナーと相談してこれらのスペースを手掛けるうちに、その土地特有のものを使ってスペースをキュレートしたり、他のアーティストと仕事をしたり、製造者たちとコラボレーションしたりすることが、自分の中ですごく魅力的に思えてきたんです。

Lesli: I'm still designing restaurants, but I love being able to, not only as an artist, but like being able to collaborate with other artists whose work I love. It's something where I can team up with them and bring them in on certain projects, or have this crazy idea for one of the hotels that I'm doing and I'll know exactly which artist I want to work with. I love being able to collaborate with other artists and create a platform for them and create opportunities for creatives. 

Lesli:今でもレストランのデザインをしていますが、アーティストとしてだけではなく、自分の好きな他のアーティスト達とコラボレーションできるということが、とても好きなんです。チームを組んでプロジェクトを一緒に行ったり、あるホテルへのアイデアがあって、どのアーティストと一緒に仕事をしたいかが明確に分かっているときなど。様々なアーティスト達とコラボレーションをして、彼らの土台を作り、他の機会を作ってあげられることが嬉しいんです。

Crawford: And I feel that sort of makes curation an art form. Its the same way with sculpture, or even painting, where you have to sort of figure out the painting. There is an ending place for everything in order to give you satisfaction as an artist.

Crawford:キュレーションがアートの形式になっているような気もしますね。彫刻や絵画と同じように、どのように描けば良いか考えているような。アーティストとして、自分が納得できるエンディングがあるんですよね。

Lesli: I think it comes back to even just that design element as well. I’m not normally the person on a project who’s all match match. Normally I want a piece to stand out, but also fit in. It’s kind of that push and pull of “Wow, this piece is amazing and it feels right in this space,” but it’s not like matching the sofa or something.

Lesli:デザインの要素にもなる気がするんです。普段のプロジェクトで、私は全てのデザインが綺麗に揃うようにするタイプではなく、一つの作品を際立たせつつ、他の作品とも調和させるようにしたいと思っています。「この作品素晴らしい、そして、このスペースに合っている」というような押しと引きのバランスで、ソファを合わせるのとは違うんです。

Garments: Sho Nagata | Shoes: ROKER | Painting: Taraval by Micah Crandall-Bear

Garments: Sho Nagata | Shoes: ROKER | Painting: Taraval by Micah Crandall-Bear

 Crawford: Yeah, I agree

Crawford:私もそう思います。

Lesli: I want people to want to talk about it and for it to stand out.

Lesli:皆に、作品について話したいと思ってもらいたいですし、作品を際立たせたいんです。

Crawford: Yeah, there’s not necessarily a place for everything, but there is that place it does not work.

Crawford:すべてのものに、ここ、という場所があるわけではないですが、どうしても合わない場所はありますよね。

Lesli: Since I was young, I’ve always had an eye for design or color. I could just put things together that looked right. Even if it looked kinda off but it felt right, so I would still wear it, like oh well.

Lesli:私は幼い頃から、デザインと色彩には目が利きました。ものが良く見えるように、組み合わせることができたんです。どこかずれているように見えても、合っているような気がして、そのまま着てしまうんです。まあ良いかって。

Crawford: I’ve always felt if someone can pull off wearing plaid and stripes at the same time, that’s really cool. It’s that whole “who cares?” feeling. 

Crawford:私はいつも、格子柄とストライプ柄を合わせて上手く着こなしている人を見ると、すごくかっこいいと思っていました。「誰も気にしないわよ」という感じで。

Lesli: Yeah, I think that awesome. You can pull that off.

Lesli:私もすごく素敵だと思います。うまく着こなすこともできるんですよね。

Crawford: I’ve been working on it.

Crawford:私もそうなれるようにがんばっています。

Crawford: Where do you see Dallas, Texas in the next ten years?

Crawford:今後10年で、テキサス州ダラスはどのようになると思いますか?

Lesli: Well I’ve been there pretty much my entire life. In the last ten years, there’s been major growth. 

Lesli:私は、人生のほとんどをダラスで過ごしていますが、これまでの10年の間にも、大きな発展がありました。

Crawford: Oh my goodness, so much has changed in just the past five years.

Crawford:ここ5年だけ見ても、本当に多くの変化がありましたよね。

Lesli: Dallas has really opened up to be this amazing forward thinking hub, major base for entrepreneurs, with an incredible amount of artists and creatives of all sorts. There is so much opportunity that it is just overflowing, and these artists get to tap into it. 

Lesli:ダラスは、先進的な考えを持ったハブ、起業家たちの主要な地盤として、多くのアーティストやクリエイター達にとって、本当に開かれた場所になりました。アーティスト達が利用できる、たくさんの機会に溢れているんです。

Crawford: Yeah

Crawford:そうですね。

Lesli: Every month Dallas is evolving so much, so I mean in the next ten years it’s going to be a completely different city. The different neighborhoods are really trying to invest in creating a certain vibe in those areas and it doesn’t feel just like all of the same vanilla whatever cookie cutter mess.  

Lesli:毎月、ダラスは大きな進化を遂げています。10年経ったら、全く違う都市になっていると思います。異なる近隣の方たちが、この周辺に投資をして、一定の空気感を作ろうと尽力しているので、ありきたりで、個性のないものが雑然としているような感じがしないんです。

Lesli: And what I love about Dallas is artists have such a huge platform to showcase their work but also to get paid for their craft.

Lesli:ダラスの何が好きかというと、アーティストにとって、自分たちの作品を見せる大きなプラットホームがあるだけでなく、アートでお金を稼ぐことができることです。

Crawford: Yeah

Crawford:そうですね。

Lesli: I mean that's been a huge part of my business and success of my business. Is through collaboration with other creatives in Dallas. Do you know about my Mr. Cooper curated program?

Lesli:私のビジネスにとってもそれが大きな一部で、ダラスの他のクレイエイターとのコラボレーションによって、ビジネスを成功させることができました。Mr. Cooperというプログラムを知っていますか?

Crawford: I’ve heard a bit about it, but I’d love to hear more.

Crawford:少し聞いたことはありますが、もっとお伺いしたいです。

Red Gesture II by Samantha McCurdy

Red Gesture II by Samantha McCurdy

Lesli: So for five year I’ve had an artist in residence with a client of mine, named Mr. Cooper, and everyone in this Paris show has been a part of the program at some point. They have offices in Cali and Phoenix, and for the last five years they have hired me as their art curator and I have collaborated and installed almost 350 installations within their headquarters, using all local artists. They support them, it’s an amazing platform. I have to take you the headquarters back in Dallas.

Lesli:5年間、Mr. Cooperという私のクライアントと共に、アート・イン・レジデンスに取り組んでいて、パリのショーに参加している人たちは皆、どこかでこのプログラムの一部になっていました。カリフォルニアとフェニックスにオフィスがあり、これまでの5年間、私はアートキュレーターとして働き、Mr. Cooperの本社に、約350もの地元のアーティストのインスタレーションを設置したり、コラボレーションを行ったりしてきました。Mr. Cooperは、地元のアーティスト達をサポートしている、素晴らしいプラットフォームなんです。今度ダラスの本社にお連れしますね。

Crawford: Yes, for sure!

Crawford:是非お願いします!

Crawford: This is a little random, but do you have a favorite flower?

Crawford:次の質問は少しランダムですが、好きな花はありますか?

Lesli: I do, I’m so country, my favorite flower is a peony. I love all kinds of cactus too, and anything that looks like a Dr. Seuss plant.

Lesli:あります。私は田舎っ子なので、好きな花は牡丹です。様々な種類のサボテンも好きです。それと、ドクター・スースの作品に出てきそうな植物が好きです。

Crawford: I love that. Kirk Beattie from And The Sky Goods told me his favorite was the asparagus fern, and I’ve been thinking about that a lot lately.

Crawford:いいですね。And The Sky GoodsのKirk Beattieは、好きな植物はアスパラガスだと言っていました。最近、そのことについてよく考えているんです。

Lesli: Oh my gosh, those are beautiful!

Lesli:すごく綺麗ですよね!

Crawford: Like little green clouds, I know. They go perfect with his collection.

Crawford:小さな緑色の雲のような感じですよね。彼のコレクションにピッタリだと思います。

Lesli: Yeah, for real.

Lesli:本当にそうですね。

Crawford: Alright, well thanks for the little chat, Lesli.

Crawford:今日はありがとうございました。

Lesli: Of course!

Lesli:もちろんです!